男目線のIT業界の詳細

知らなかったこの事実

進化する技術の証明

タッチパネルが登場したのはいつの頃からでしょうか。初めてそれに触れたのは銀行のATMであったり、駅の券売機だったでしょうか。
今やその技術はあらゆる場所で見たり触れたりすることができます。

この技術はついにスマートフォンという形になって私たちの生活の中に入ってきました。このスマートフォンは登場するとあっという間に大きなブームとなりましたが、これにはITの技術的な進歩というものがあってこそです。タッチパネルの可能性というものは以前からありました。その中にはスマートフォンのような利用の仕方も当然含まれてはいたのですがなかなか実現することができませんでした。今現在、世に出ているような「形」を実現するためにはバッテリーの能力や大きさといった問題をクリアしなければなりませんでしたし、何よりも情報処理能力において技術が追いついていなかったのです。

以前の、携帯電話でつながりが悪いとかスピードが遅いなどといっていた頃に現在のスマートフォンのような機能を備えようとすればおそらくノートパソコンのようなものでしか実現できなかったのかもしれませんし、何よりもタッチパネルの性能がこれらに追いついていなかったのです。技術の進歩というものは今後も加速度的に変化していくことでしょう。それに伴ってスマートフォンは今後も新しい技術を取り込みどんどん便利な製品になっていくものと思われます。
むしろ、電話機能というものは付属的な扱いとなってしまい、これ一台で何でもできるといった魔法の小道具となる日もそう遠くない未来に待っているのかもしれません。

次なる新製品や新技術を開発しようと、エンジニア達は日々奮闘しています。
向上心が高いエンジニアは次々にステップアップし、日本を動かす代表格となるでしょう。
私も彼らの活躍に期待しています。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です