男目線のIT業界の詳細

知らなかったこの事実

フリーランスの体験談に多い定年について

最近では、高齢社会の問題なども深刻となってきていますから、自分の将来について考えている方も多いのではないでしょうか。「老後は、年金だけではやっていけないかもしれない」と感じている方も多いと思います。そんな方は、「出来るだけ、長く今の仕事を続けて、老後も安心した生活をしたい」と考えている方、多いのではないでしょうか。
今では、60代といっても元気な方が多いですから、「60を過ぎても、現役でバリバリと仕事をしたい」と考えている方もいるでしょう。しかし、企業に勤めていると、必ず定年というものが来てしまいます。どんなに本人が仕事をしたいと思っていても、そこで仕事は終了してしまいます。

では、フリーランスの体験談に多いメリット、定年についてご紹介しましょう。ある程度の年齢を重ねてくると、「老後が心配」と感じている方も多いと思います。家やマンションなどを購入している方は、「定年後も、まだローンが残っている」という方もいるでしょう。

こうなると、やはり金銭的な不安がありますよね。企業勤めの場合には、それぞれの企業に沿った定年退職日がありますから、それに従い仕事を終了することになります。しかし、フリーランスの場合には、自分が個人事業主ということになりますから、「今年いっぱいで辞めよう」などと自分が決めない限り、仕事を続けることが出来ます。若い頃の様に、バリバリ仕事をすることは難しくても、おこずかい程度でも稼ぐことが出来れば生活なども安心ですよね。

このように、フリーランスとして仕事をした場合には多くの方が「定年がないのが良い」というメリットを感じています。ただし、フリーランスの場合には退職金はありませんから、事前に任意の積立などを行っておくとより安心して老後を迎えることが出来るでしょう。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です