男目線のIT業界の詳細

知らなかったこの事実

便利になったIT社会

ITの技術というものは私たちの生活を非常に便利にしてくれました。いったいどのようなところでITが使われているんだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで今日は実例を交えてお話しします。

まず、少子高齢化社会になっている現代日本。そこで、遠くの街に住む息子や娘さんと常に連絡を取り合えるようにしたのが携帯電話です。もともとはショルダーフォンだなんて言ってとても分厚いものを肩からかけていましたが今では片手で済んでしまいますから便利になったものです。
それゆえITは家族の絆さえ結んでしまうことができるようになったのです。IT発展のおかげで私も遠方に住む両親と連絡をこまめに取るようになりました。

IT化が進む昨今においては「人と人とのつながりが無くなってしまいどんどん自己中心的な考えが進行してしまう」などとはやし立てる人もいますが、よくよく考えてみたら先程のような結びつきを作ってしまうことなんてチョチョイのちょいなんですね。ITは人と人との交流までも便利にしてくれますからとても有難いものです。

ですが、便利が進みすぎてしまうと本当に大切な事も「全てメール」になりかねません。今の高校生はメールで告白する人もいるようですが私たちの世代は必死になって恋文を書いたり直接あって告白をしたものでした。今ではそうしたことがなくなりつつあるということは非常に残念に思えてなりません。ITが便利にする世の中はある程度の分別がないとダメなのかもしれませんね。その分別を学ぶのもこれからの社会に必要なことなのかもしれません。

とはいえ、ITの発展がない現代はありません。
エンジニア達が日々努力して新しいサービスや商品が生まれているのです。情熱的なエンジニア達は、常に上を目指してスキルアップしてゆくのです。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です